HOMEミシン・テキスタイル用品サポートセンター知って得する豆情報お問い合わせ


衣服についたシミについて


シミ抜きの原則(1)
シミを付けたらすぐに応急手当を・・・!
「シミ抜きにじょうずもへたもならりけり、すぐには、水でおちるものなり」
シミ抜きの秘訣をうたった古歌です。
もちろん、昔と違って、今は衣服も素材も、シミの種類もぐんと増えていますが、付けてすぐだったらぬれタオル等でたたくだけで(絶対にこすらないこと)ほとんどのシミは取れるものです。
シミは時間が経つにつれて取りにくくなり、そうなったものを無理に取ろうとすると逆に生地をいためる結果になります。


シミ抜きの原則(2)
シミはたたいて取る
シミ抜きのコツは「こするな」「ひろげるな」「熱するな」の三つを要求されます。
コツとしては、まずは、タオルをシミの箇所の下に敷いて水などでかたく絞ったタオルで上からたたいて下のタオルにシミを移しとります。絶対に「こすって」はいけません。
上からたたくタオルの水分は、かたく絞って「シミの量に見合う水の量」ほどに少なくする。つまり余分な水分を、外へ移動させない「ひろげない」ことです。
「熱するな」とは、シミに熱は禁物で、例えばシミの上にアイロンをかけたりすると、染付けと同じようになってしまって、そのシミは絶対に落ちません。

家庭で出来る簡単な衣服のシミ抜き方法
シミの種類 シミ抜き方法
コーヒー・紅茶 直接水洗いするか、ぬれた布でたたきながらふき取る。
それでも取れないときは炭酸水を含ませた布で、たたきながらふいてみる
牛乳 水洗いか、ぬれた布でたたきながらふき取る。洗剤を100倍に薄めたものを含ませてたたきながらふくと臭いも消えます。
ガム 氷で冷やしながら、爪ではがし取る。それでも取れないときは、水かベンジンをつけた古い歯ブラシでたたきながら取る。
キャンディー ダイコンの切り口を当ててたたきながら取る。ダイコンがなければ、水かベンジンを含ませた布でふいて、その後、乾いた布でふく。
血液 ついてすぐだったら、水の中でもみ洗いをします。なかなか取れないときは、酸素入りの洗剤をつけて洗うと落ちやすいです。ただし、血液は熱を加えると固まりやすくなりますので、絶対にお湯で洗わないこと。
醤油・ソース ついてすぐの時は、お湯でかたく絞ったタオルでたたきながらふく。時間がたったシミは台所用中性洗剤を古い歯ブラシにつけて根気よくたたく。
泥はね よく乾かしてから、手ではたいたり、もんだりして土を落とす。生地にしみこんだ赤土の場合は、漂白剤につけてから洗い落とす。
カレー ベンジンを含ませたガーゼでシミの裏側からたたいて、表に当てたタオルに汚れを写しながらとる。取れないときは、台所用中性洗剤をとかしたぬるま湯をふくませた布でたたきながら落とす。
カビ よく日光に当てて乾かして、洋服ブラシなどで払い落とす。そのあと、エタノールを含ませたガーゼせたたきながら落とす。
ファンデーション・口紅など 中性洗剤の原液を付けた古い歯ブラシでたたきながら落とす。または、洗剤を含ませた布でつまみ洗いをする。

上記のシミ抜きをしても取れないときは、下記の染み抜き剤などを参考にして下さい

商品名 用途
ソルビーエース・油性
オザワ工業
ハイクリーン・油性
(三和化成)
マジック・ボールペン・口紅・バター等の油性の汚れ。スプレータイプの汚れ落しです。
ソルビーエース・水性
(オザワ工業)
ハイクリーン・水性
(三和化成)
醤油・ジュース・お酒等の飲食物の汚れ。スプレータイプの汚れ落しです。
チャコ消し(三和化成) 布地に残ったチャコ・色鉛筆・鉛筆などの汚れを落とします。ペンタイプの汚れ落しです。
インク消し(三和化成) 布地に残ったボールペンや油性マーカーなどの汚れを落とします。ペンタイプの汚れ落しです。
サビ取り液(恵美須薬品) 鉄サビ取り
血液取り液(恵美須薬品) 血液取り
サンドライ(三和化成)
輪じみクリーン
(三和化成)
各種シミ抜き剤を使った後、輪じみ除去に効果があります。

上記の各種しみ抜き剤・スプレーの写真・販売価格は下記のアドレスに掲載していますのでご確認ください。
シミ抜き剤は、下記のアドレスにも掲載していますのでご確認ください。
http://www.andomishin.com/shouhin-itiran-9.htm
http://www.andomishin.com/catalogue120.htm


シミの種類によって最適なシミ抜き剤をセレクトできます
便利でお値打ちな シミ抜き 10点セット”
シミ抜き10点セットに入っているシミ抜き剤  

ドライソルビー(輪じみ消し) ・ソルビーエース油性(油脂性) ・ソルビーエース水性(水溶性)
ソルックス ・ソルタン ・ソルプロ ・サビクリーン(強力サビ落し) ・ホワイター(ポイント漂白剤)
シミ抜きペン ・ガラス棒の 計10セット


ガラス棒は、シミをたたく時に使用します
シミはプレスをかける前に見つけ、出来るだけ早く取ってください。

シミ抜きガン・シミ抜きバキュームを併用すると一層効果的です。

製造会社:オザワ工業(株)


商品番号 9−01 シミ抜き剤 10点セット
 税込 8553円 (税抜 7920円)  

しみ抜き 10点セットのシミ抜き剤は、バラ売りも行っています。販売価格は、下記の表にてご確認ください。
注意
カテゴリー別のページでも、同じ商品名のシミ抜き剤(ソルビーエース・油性など)を販売していますが
商品の容量(缶の大きさ)が違いますのでご注意ください。
しみ抜き10点セット用のシミ抜き剤は 容量(缶・容器の大きさ)が小さくなります。


商品番号 9-01-1 ドライソルビー(輪じみ消し) 220CC 税込 907円 (税抜 840円)
パウダーにシミを吸着しますので、裏地の付いた製品や皮革の油抜き、輪ジミ消しなど利用範囲の広い便利なシミ抜きスプレーです。
商品番号 9-01-2 ソルビーエース(油脂性) 220ml 税込 799円 (税抜 740円)
ミシン油・機械油・マジック・ボールペン・バターなどの油性関係のシミ抜きに適しています。
商品番号 9-01-3 ソルビーエース(水溶性) 220ml 税込 691円 (税抜 640円)
醤油・ソース・ジュース・コーヒなどの飲食物のシミ抜きに適しています。
商品番号 9-01-4  ソルックス 200CC 税込 1760円 (税抜 1630円)
ボールペン、マジック、スタンプ、織糸の汚れ、油性マーキング、ロウチャコ、ペイント靴墨など油性のシミの除去
商品番号 9-01-5 ソルタン 100CC 税込 940円 (税抜 870円)
布の黄変、お茶、コーヒー、酒類のシミ抜きに適しています
商品番号 9-01-6 ソルプロ 100CC 税込 940円 (税抜 870円)
食べこぼし、泥ハネ、汗、牛乳のシミ抜きに適しています
商品番号 9-01-7 サビクリーン(強力サビ落し) 100CC 税込 853円 (税抜 790円)
商品番号 9-01-8  ホワイター(ポイント漂白剤) 100CC税込 853円 (税抜 790円)
商品番号 9-01-9 シミ抜きペン 15CC 税込 629円 (税抜 580円)

上記のしみ抜き剤を組み合わせて使用すると さらに効果が出来ます。
詳しい組み合わせ方は、下記の適合表を参考にしてみてください。



シミ抜き10点セット 適合表

シミの種類 使用するシミ抜き剤 1番から順番に試してください。
油性系
ボールペン・マジック・スタンプ・織糸の汚れ
油性マーキング・ロウチャコ・ペイント・靴ズミ
1.ソルックス 2.ソルビーエース
 (油性)
3.ドライソルビー
ミシン油・灯油・頭髪油・粘着剤・鉛筆・朱肉
ワッペン・手アカ・化粧品・その他油性系のシミ
1.ソルビーエース
 (油性)
2.ドライソルビー
水性系
サビのシミ抜き 1.サビクリーン 2.ソルビーエース
  (水性)
血液・ミルク・肉汁・菓子類・食べこぼし・嘔吐物
排泄物・汗・泥ハネ・カビ・陳列汚れ
1.シミ抜きペン 2.ソルプロ 3.ソルビーエース
  (水性)
布の黄変・布の変色・コーヒー・お茶・しょうゆ
ソース・果実・草花の汁・酒類
1.ソルタン 2.ソルビーエース
 (水性)
上記のシミ抜き剤でも取れないシミに・・・    1.ホワイター


各種シミ抜き商品の詳細・注文はこちら

HOMEミシン・テキスタイル用品サポートセンター知って得する豆情報お問い合わせ