HOMEミシン・テキスタイル用品サポートセンター知って得する情報お問い合わせ

ロックミシンについて

ロックミシンは、既製品の服などを見れば分かりますが、洗濯しても縁がほどけないようにするために使用します。家庭用ミシンでも、縫い目選択ダイヤルをかがり縫いにすると、ロックミシンのような縫い目の縁かがり縫い(生地は切りませんが・・)出来ますが、たくさん作るなら生地を切りながら縫うロックミシンを使用すると、たいへん便利です。
また、ロックミシンといっても、家庭用ミシン同様、いろいろな種類や価格があります。
主な種類として、2本糸・3本糸・4本糸があり、更に、差動装置付・エアーで自動に糸を通すエアースルーシステム付き・針穴に自動に糸を通す自動針糸通しなどがあります。
主な違いを、下記に掲載してみました。参考にして見て下さい。

ロックミシンの種類(糸の数の違い)
1本針2本糸ロックミシン
2本糸の場合、表と裏側の縫い目が違います。
針糸の縦の線が表はありますが、裏側は針糸の線がありません
ほつれ止めに使用されるなら、2本糸でも充分です。
糸の使用数が少ないので、糸調子の合わせ方や糸の通し方が簡単です。
1本針3本糸ロックミシン
3本糸の場合、表と裏側の縫い目が同じような縫い目になります。
既製服で縫ってある、ロックの縫い目は3本糸ロックミシンが多く使用されています。

2本針4本糸ロックミシン
1本針3本糸ロックミシンと違って、針が2本付いているため縦の針糸が2本同時に縫う事が出来ます。針糸が2本ある事によって、ニット製品などの伸縮のある生地を引っ張っても針糸が切れてしまう事がありません。そのため、Tシャツなどのニットやストレッチ素材に多く使用されています。
また、針糸の糸を1本はずすと3本糸ロックでで縫った縫い目と同じ縫い目も出来ます。
2本針5本糸ロック(インターロック)
インターロックミシンは、1本針3本糸ロックに地縫い(直線縫いミシンで縫ったような縫い目)も同時に縫う事が出来ます。ロックをかけながら、地縫いも一緒に出来るので能率がよくなります。シャツやブラウスの脇縫いなどで使用されます。
しかし、地縫い部分がミシンの構造の関係上、チェーンステッチになってしまいます。

*インタロックが出来る家庭用ロックミシンは、縫工房のみとなります。

差動装置について
ロックミシンで、縫うと左の写真のように生地(特に、ニットやカットソー製品のような伸縮がある生地)が伸びてしまう事がありますが、差動装置の付いているロックミシンなら、差動装置のレバーの位置で簡単に直す事が出来ます。 
万一、差動装置の付いていないロックミシンで写真のようになってしまった場合は、伸び止め芯を貼ったり、アイロンで直すなどのやり方があります。

ロックミシンの人気機種”衣縫人・糸取物語の違い”はこちらへ


HOMEミシン・テキスタイル用品サポートセンター知って得する情報お問い合わせ