HOMEミシン・テキスタイル用品サポートセンター知って得する情報お問い合わせ

ホームソーイングの基礎知識

便利なホームソーイング用品

一口にホームソーイングと言っても、縫うだけでなく、型紙を写したり印をつけたりいろいろな手芸用品が必要です。
全部そろえるのは、大変ですが持っていれば作業が簡単になり、時間の節約にもなります。

下記の商品は、”安藤ミシン ショッピング”で取扱っています。一部、掲載されていない商品もありますので、その時はお気軽にお問い合わせください
型紙作りに必要なもの

テープ・ぶんちん
型紙を押える時に使用します

紙切りはさみ

方眼定規
ある程度の長さがあり(写真は50cm)、方眼付のものが便利です。


カーブ定規
カーブを描くのにあると便利です

メジャー
採寸の他に、型紙の曲線を測ったり、大きな弧を描いたりも出来ます
その他
鉛筆(H・HF・HBくらいの硬さ)と消しゴムも必要です


裁断と印つけに必要なもの

裁ちはさみ
布専用・ラシャ切りハサミとも言われます

まち針
布と型紙とがずれないように止めます
(写真は鈴付のまち針です)

チャコ類
左から、チャコライナー・消えるチャコペン・チャコペル(鉛筆タイプ)
いずれも手を汚さずに線が引ける使いやすく便利です。

Q&A  消えるチャコペンとチャコペル(鉛筆タイプ)の使い分け方
毛足のある布など、チャコの印の付けにくいものには、消えるチャコペンを使います。
チャコペル(鉛筆タイプ)はアイロンをあてると落ちなくなってしまうので注意しましょう。
特に、薄く透ける布や水をつけられない布にはチャコペンを使用しましょう。
チャコには、いろいろな種類がありますので買うときによく確認し、布端で試してから使うと安心です。


縫製に必要なもの

ミシン
直線縫い・ジグザグ縫い・ボタンホールの3つが出来ればほとんどの洋服は出来ますので、値段に惑わされず、自分の目的にあった使いやすいミシンを選びましょう。

アイロン
仕上げや地直しだけでなく、縫い代を折ったり割ったりするのにも使用します
注意 写真のアイロンは業務用アイロンです


アイロン台
アイロン台の他に、仕上馬や万十など、目的に合ったアイロン台を選びましょう


小バサミ
糸を切ったり、細かい部分を切ったりするのに使用します。

リッパー
ミシン目をほどいたり、ボタン穴をあけたりするのに使用します

目打ち
角を出したりするのに使用します


ひも通し
ウエスト・そで口などのひもやゴムを通す時に使用します

ミシン針
布の厚さにあった針番手を選びましょう

家庭用ミシン用糸
布にあった糸を選びましょう


手縫い糸・手縫い針
用途にあわせて使い分けましょう



HOMEミシン・テキスタイル用品サポートセンター知って得する情報お問い合わせ